スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おうちで作る!梅ヶ枝餅

こんにちは!
今日のブログ更新は、『Washoku.Guide』 掲載記事の日本語版です。

★ Umegae Mochi - Enjoy Dazaifu's popular local speciality at home! (英語)

私が生まれ育った福岡には、太宰府という古い歴史を持つ街があります。
「梅ヶ枝餅」とは太宰府発祥の名菓で、餡子を餅の皮で包み、
太宰府のシンボルである梅の刻印が入った鉄板で焼いた焼き餅です。

梅の名所として知られ、学問の神様で有名な太宰府天満宮の参道には、
この梅ヶ枝餅を売る店が多く並んでいます。
天満宮を目指して参道を歩いていくと、お餅を焼く香ばしい匂いが
漂って来てつい誘われてしまうのです!

焼き立て熱々のパリッとした皮を頬張ると優しい餡子の甘みが口の中に広がります。
持ち帰り用に包 んでもらうと、パリッと感はなくなりお餅全体がしっとりするのですが、
これもまた違ったおいしさ。

DSC05800.jpg


子供の頃から親しんできた梅ヶ枝餅が大好きで、
遠く離れた国に暮らしていても時々無性に食べたくなるんですよね。
家でも簡単に「梅ヶ枝餅もどき」が作れると知ってからは、
小豆を炊く度に必ず作っています。

上の写真は、私が作ったもので本当の梅ヶ枝餅よりも
皮が厚めの仕上がりになっていますが、それもモチモチとしてとてもおいしいんです。


DSC04265.jpg

 乾燥小豆は、へルスフードショップで買えますし、
 大きなスーパーで扱っている所もあります。

 また日本食材店では缶詰の餡子を売っているので、
 利用するのも便利です。


DSC05497.jpg

 私の作り方は、いつも大雑把で目分量ですが、
 もち粉に上新粉を少し混ぜて使っています。

 もち粉も上新粉もオリエンタル食材店で手に入ります
 (写真はタイ産のもち粉です)。


詳しい梅ヶ枝餅の作り方は、こちらのレシピを参考にしてみて下さい。

Cpicon よもぎ梅ヶ枝餅 by ちー(・_・)

Cpicon 梅ヶ枝餅 by cook_U

焼いたお餅は一つずつラップで包んで冷凍も出来るので、
まとめて作っておけば温めるだけでいつでも食べられます。

故郷のお菓子が恋しくなった時には、
緑茶を淹れてイギリスで梅ヶ枝餅を楽しんでいますよ!


グリークサラダ

今更ですが、グリークサラダ。
オリーブオイルとレモンでさっぱり頂くギリシャのサラダです。

夏のイメージが強い料理かもですが、大好きで年中作って食べています。
トマトにフェタ、オリーブは常備しているようなもので大体いつも家にあるので、
ちゃちゃっと手早く出来て助かる定番サラダなんです。
彩りも良いから、特にメインがぱっとしない日にはちょっと嬉しいの(笑)。

「グリークサラダ」

DSC02999.jpg


フェタとオリーブの塩気とうまみでワインにもぴったりなんですよね。
ボトルを開ける予定はなくても、ワインが飲みたくなってしまう~。

この日は、じゃがいもとドライトマトの
トルティーヤ風オムレツとおいしく頂きました♪


▼ 作り方はこちらからどうぞ ▼


チキンソテー☆トマトサルサ添え / 最近のいろいろ 

今日の料理話の前に、ちょっとお知らせをさせて下さい。

2月25日にダイヤモンド・ビッグ社さんより発売された
『クックパッド&地球の歩き方 世界のおいしいおかず』に
レシピを2品掲載して頂きました。

この所メールの受信箱が膨れ上がっていて、
紛れてしまいすっかり忘れてしまっていました・・・汗

04862-7-thumb-208xauto-26937.jpg


英国料理レシピです。

Cpicon Toad in the hole by KT121
Cpicon オニオン・グレイビー by KT121


91lhFW0YKtL.jpg


それからもう1品。

3月10日(木)新星出版社さんより発売の
「クックパッドのおいしい 厳選!作りおきサラダ」。

Cpicon ひよこ豆とクスクスのサラダ by KT121

どちらの本もおいしいお料理が満載のようです。
ぜひお店で手に取ってみて下さい♡

さて・・・。

「チキンソテー☆トマトサルサ添え」

DSC07615.jpg


今日は、鶏肉料理です。

皮をパリッと焼いたジューシーなチキンをトマトのサルサで頂きます。
ボリューム満点なのに、サルサでさっぱりいけますよ。

チキンの下に敷いているのは、蒸したBulgur wheat/ブルグル(人参入り)です。
パスタやライスなどお好みで合わせてみて下さいね。

作り方は、↓でご覧いただけます☆

DSC07574.jpg


もうすぐイースター休暇です。
去年はちょうど日本にいたなぁ、などと思い出してみたり。

Cadbury社のイースターエッグ。甘~いチョコレートです。
可愛いから、このミニエッグを選んでしまう♡

DSC07807.jpg


レッドカラント(赤スグリ)が芽吹いています。

菜園作業、急に慌ててやっとエンジン掛かりました(遅すぎだって。笑)。
まずは、じゃがいも植え付けの場所の準備と土作りなど。
久々の肉体労働であちこち悲鳴上げてますよ・・・。


▼ 本日のレシピ 作り方はこちらからどうぞ ▼


母の日とカリフラワーチーズ

イギリスでは、先週の日曜日が母の日でした。

息子と夫がレシピを片手にカリフラワーチーズを作ってくれましたよ。
何やら事前に2人でヒソヒソ相談していたのです。
私は気づかぬふり・・・そしてちょっとわくわく。

大丈夫かなぁ、キッチンが粉だらけになってないだろうか・・・と
調理中は気にならずにいられなかったけれど(苦笑)。

DSC04219.jpg


無事にカリフラワーチーズが出来ました。幸い何も壊れる事なく。

自分たちの好みでチーズはたっぷり!!にしたみたい。
熱々をフーフー、濃厚でとってもおいしかった~。

きれいに後片付けも担当してくれて、食後もゆっくりさせてもらいました。
暮らしの中の小さな幸せとありがたみ、大切にしたいですね♡


スキレットで熱々☆ビビンバ / 季節の菜の花

少し前から気に入って繰り返し作っているものがあります。
それは、スキレットを使ったビビンバ。

流行りものに疎く、人が挙って追いかけている物には
あまり興味が沸かないのですが(ひねくれ者ともいう?)、
いつも楽しみに拝読している方のブログで
スキレットでビビンバを作っているのを見て
すごくおいしそうで飛びついてしまいました。

分量や作り方は自己流です。
早速うちのスキレットで試してみたら・・・ ハマった!!
熱々が持続するし、何と言っても出来るおこげが最高です。

「スキレットで熱々☆ビビンバ」

DSC09034.jpg


お野菜もたっぷり摂れてバランスもいいですよね。
もやしが微妙な食材の息子も、ビビンバは喜んで食べてくれるから嬉しい。
(コチュジャンの量は加減しています)

キムチがあったら良かったんだけどな~。
レシピにしようと作って写真を撮った日は、
キムチを買ってなかったのがちょっと残念。
お好みで添えて一緒にどうぞ。

IMG_7941_20160303012606f49.jpg


『Washoku.Guide』 に新しい記事がアップされています。
今回は、旬の菜の花の話とレシピの紹介です。

★ Nanohana: Bringing spring to your table

ぜひ上のリンクから覘いてみて下さい♪


▼ 本日のレシピ 作り方はこちらからどうぞ ▼


洋梨とほうれん草、ざくろのフェタサラダ

ほうれん草。

マーケットへ行くと日本で馴染みのあった
束ねられたほうれん草を見掛けますが、
スーパーなどのお店で売っているのは、
袋に入ったベビーほうれん草が主流。

このベビーほうれん草、アクが少ないので
下茹で不要で料理の仕上げにさっと加えられるし
サラダで食べてもおいしいのでよく利用しています。

菜園でも栽培時期には、ほうれん草の種を蒔いて
間引きを兼ねて若い状態で収穫して楽しんでいます。

「洋梨とほうれん草、ざくろのフェタサラダ」

DSC04524.jpg


気に入って何度も作っているサラダです。

洋梨とざくろのフルーティーさとフェタの塩気がよく合うんですよ~!
ほうれん草の代わりにルッコラを使う事もありますが、
それもまたおいしい。

ビタミン豊富でヘルシー。女性受けしそうな感じですよね。
体の中からきれいになれそうなサラダ、
機会があればぜひお試し下さい♪


▼ 作り方はこちらからどうぞ ▼


春の兆し

DSC03370.jpg


先週から霜が降りて寒い日が続いています。
’低温と快晴’という冬の典型組み合わせパターンです。
暖かくて晴天なのは、地理的に存在しないみたい(苦笑)。
気温が上がるといつも雨が降る・・・。

寒いのは嫌だけど、どんより空よりも晴れている方が私は断然嬉しい。

DSC03356.jpg


気温は5℃足らずでも、日向では気持ちがいい♡
機会を逃さずしっかり光合成しますよ~。
でも日が陰った途端、いきなり寒くて凍えるのでした。

それでも最近は少しずつ日が長くなって来て、
確実に春が近づいているのが感じられるようになりましたよ。

DSC03470.jpg


なんだこれ?な画像ですね(笑)。

今年もこの時期、じゃがいもの芽出しをしています。
卵パックに座っているのは種用のじゃがいも。

その一方で、菜園準備は大幅に出遅れてしまっているのでした!!
またしても気合いを入れて一気にやる事になりそう。
デジャヴ・・・。


スモークサーモンとアボカドのサラダそば

レシピブログさんの “くらしのアンテナ” のコーナーにて
『春菊とベーコンの胡麻パスタ』を紹介して頂いています。

Untitled aa


★苦手な人も大丈夫♪春菊をパスタで美味しく食べよう

とっても簡単に作れるパスタです。
香ばしいすり胡麻が春菊とよく合って、もりもりいけちゃう。
どうぞ上のリンクからページをチェックしてみて下さいね。

そして今日のレシピは・・・サラダ風のお蕎麦です。
麺類が大好きなので!!

家にあった材料で適当に作ったら家族に受けが良くて、
その後も何度か食卓に登場しているお気に入りなんですよ。

「スモークサーモンとアボカドのサラダそば」

DSC00376.jpg


ほんのりわさび風味のさっぱり冷たいお蕎麦。
クリーミーなスモークサーモンとアボカドに
シャキシャキのラディッシュがいいアクセントになっています。

あら、このレシピもゴマを使っていますね。
本当似たようなものばかり食べてるわ(苦笑)。

茹でたお蕎麦と具材をボウルで和えるだけなのですが、
食べたい時にすぐ出来て、これがなかなかおいしいの。
おすすめです♬


▼ 作り方はこちらからどうぞ ▼




海外で楽しむ和食

私は食べ物に関しては国を問わずチャレンジ精神旺盛で冒険する方ですが、
やっぱり一番好きなのは食べて育った日本の料理なんですよね。

本当ならもっと生活に取り入れたいのだけど・・・
海外暮らしである事や家族の嗜好とのバランスなども考慮しないといけません。
そんな中、現地で手に入る食材で工夫して
自己流でアレンジしながら和食を作っています。

この度、英語サイト 『Washoku.Guide』 にて、海外で和食を楽しむ
日本人のひとりとして、記事を書かせて頂く事になりました。

New Image washoku


何しろ私は ’なんちゃって和食’ 専門です。
海外で入手困難な材料を調達して素晴らしいおせち料理を作ったり
日頃から日本にいるような食卓を再現するような器量はありません。

お話を頂いた時は私でも大丈夫なのか不安はありましたが、
伝統的な和食を世界に広げていく事だけがサイトの目的ではなく
家庭料理や作りやすいアレンジ料理などを含めて
世界各地で気軽に楽しめる和食を紹介して行きたいのだとのこと。

★Japanese home cooking in London

初回の記事がアップされています。
良かったら覘いてみて下さいね!

お知らせでした ☺☺☺


ムール貝とミニトマトのワイン蒸し

今週は、ハーフターム(学期の中休み)で、学校は1週間お休み中です。
日中は忙しく遊び、私は夜になって遅くまで仕事をするパターン。
お蔭でアクビばかりしています・・・。

日曜日はバレンタインディでしたね。
我が家ではこれといって特別な事はしませんが、
カードやお花をもらったり、おいしいものを食べたり
一緒に過ごす充実した時間は大事にしています。

「ムール貝とミニトマトのワイン蒸し」

DSC01865.jpg


好物のムール貝をワイン蒸しにしました。

・・・といっても、好物なのは私と息子だけ(苦笑)。
夫は少しなら食べるけれど、大ファンではないのです。

まぁ、そんなグレーなエリアの食材ではあるのですが、
事前承諾済みで偶々バレンタインという日の夕食になりました。

ムール貝は、ワイン蒸しが一番好きな食べ方なんです。
貝の旨みが詰まったスープもパンに吸わせてきれいに頂きましたよ♪

朝から一日出掛けていて帰宅しての夕食だったので、
途中デリカテッセンでおつまみやつまむものを買って
おいしいワインにパンとチーズでゆっくりしました。

後片付けは、息子もお手伝いしながら2人でやってくれて ☺☺☺
今から母の日も待ち遠しい(笑)。

New Image cake resized


おまけ画像は、前日に焼いたブラウニー。

適当に作ったものなのですが、
何となくこんなレシピが基になっています。

Cpicon アーモンドとシナモンのダークブラウニー by KT121
Cpicon 栗のチョコレートケーキ by KT121

マロンペーストの入った生地は超しっとり。

私が特にチョコ好きではないから、チョコのお菓子は普段滅多に作らないんです。
チョコも甘いものも好きなうちの男子たちに大好評で
喜んで食べてくれました♪


▼ 本日のレシピ 作り方はこちらからどうぞ ▼



パンケーキの日

火曜日は Pancake Day でした。

パンケーキの日に当たるこの火曜日はイースター復活祭の41日前、
'Lent(四句節)'の断食の前日になります。
食事制限期間中には禁止されている卵や牛乳などの高栄養食品を使い切るのに
パンケーキを食べるという古い伝統から来ている行事です。

・・・と、過去ブログ記事よりコピペ。

ブログって便利ですね~ 助かります。
年々、そして最近は特に記憶力が衰えて何でも忘れてしまう傾向にあるので、
振り返って見ると何をしたか教えてくれる!

因みに我が家では、これまでこんなパンケーキを食べていました。

★2015年
★2014年
★2013年
★2012年

DSC00979.jpg


今年は、イギリスのパンケーキにしました。

Cpicon イギリスのパンケーキ by KT121

お砂糖とレモンの代わりに、このところお気に入りの
メープル風味のゴールデンシロップを垂らして。

お砂糖なしでたくさん焼きました。
翌日は具を巻いてお弁当に♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。