スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白身魚と夏野菜、オリーブのトマト煮

仲良しだったイタリア人の友人ファミリーが2月に帰国してしまったのですが、
夏休みを利用して先日ロンドンに遊びに来ていて一緒に食事をしました。

イタリアの学校は3か月の夏休みですって!!ひゃ~~!

20年近くイギリスに暮らした後に母国に帰って生活するというのは
想像以上に大きな新スタートで何かと容易でない事もあると思います。
子供達はイタリア語ペラペラと言っても、イギリス生まれ育ちだし。
話を聞きながら、私自身も色々と考える事があったりしてね。

近況報告をしながらも、お互いの関心である「食」に話題が流れ・・・。
彼女のお母さん譲りでよく作るという料理を教えてくれました。

おいしそうだったので、大まかに聞いた話をもとに
自己流にアレンジした料理を作ってみました。
たくさんあった新じゃがを入れてみたら、
ボリュームも出て立派なメインになり大満足。

おもてなしにも良さそうな魚料理です。
材料リストは長いけれど、作るのは簡単なんですよ♪

「白身魚と夏野菜、オリーブのトマト煮」

IMG_0078_201407192354066ee.jpg


PCに向かっても、なかなか充分な時間が取れないでいます。
(ブログは最近書き溜めていたレシピを中心にアップしています)

頂いたコメントはいつも楽しく読ませて頂いておりますが 、
全てのコメントに返信出来ない事も出てくるかと思います。
その旨をお断りした上で開けたままにしようか迷ったのだけど・・・
やはり心苦しいので、暫くコメント欄はお休みしますね。

ご訪問ありがとうございます☆


▼ 作り方はこちらからどうぞ ▼

【材料 (4人分)】

白身魚(肉厚な物:タラなど)   ・・・切り身4枚
ズッキーニ(1cmにカット)     ・・・小1本
黄パプリカ(1cmにカット)     ・・・小1個
玉ねぎ(粗く刻む)          ・・・1/2個
ニンニク(みじん)          ・・・1かけ
黒オリーブ(縦半分に切る)    ・・・10個
ケイパー               ・・・大1
新じゃが(またはメークインなど崩れにくい品種)
                     ・・・小ぶりな物 3個      
トマト缶                 ・・・1個
トマトピューレ             ・・・大1
ドライオレガノ             ・・・小1
砂糖(トマト缶の酸味が強い場合) ・・・ふたつまみ
塩コショウ               ・・・少々
オリーブオイル            ・・・大1


【作り方】

1 魚に軽く塩コショウをする。ケイパーは流水でさっと洗って水を切る。

2 厚手の鍋にオイルを入れてニンニクを炒める。

3 香りがしてきたら玉ねぎを入れて透き通るまで炒め、ズッキーニとパプリカを加えて炒める。

4 新じゃがを入れて軽く炒めたら、トマトピューレを入れて野菜に絡めながら1分炒める。

5 トマト缶+空き缶に8分目の水、オレガノ、オリーブ、ケイパー、塩コショウ、砂糖(必要なら)を入れて煮立てる。

6 煮立ったら蓋をして、野菜が柔らかく煮えるまで弱めの火で煮こむ(15~20分程度)。

7 ソースの表面に魚を重ならないように乗せて、8~10分ほど煮る(魚の厚みにより)。味を見て整える。

8 器に盛り付けてバジルの葉を散らして出来上がり。


【コツ・ポイント】

塩気のある食材を考慮して調味して下さい。
濃厚なトマト味が好きなので、ピューレを加えています。
途中煮詰まりすぎるようなら、様子を見ながら水を加えて下さい。

Cpicon 白身魚と夏野菜、オリーブのトマト煮 by KT121


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。