スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェダーとディル、紫玉ねぎのスコーン

先日のコロッケに続き、大量にあったディルの消費料理です。

我が家の定番スコーンの生地を使ったアレンジで
惣菜スコーンを焼きました。

IMG_9386.jpg


これまた大量にあった紫玉ねぎを入れてみたら
色もきれいでディルのグリーンとのコントラストも良い感じに仕上がりました。

スコーンって思い立ってすぐに出来るのも嬉しいんですよね♪
夕食のミネストローネのお供にと思い、急遽作ったものです。
これが家族に大好評で、この1週間に2度焼きました。

暫くハマりそうな予感がしてます!
消費料理のはずだったのが、大量ディルを求めてまた買いに行くかも(笑)。

焼き立てのまだ温かいうちが一番おいしいかとは思いますが、
これからの季節はピクニックにも良さそうです。

「チェダーとディル、紫玉ねぎのスコーン」

IMG_9481_20140317210752b4d.jpg


▼ 作り方はこちらからどうぞ ▼


【材料 8個分】

●薄力粉          ・・・200g
●ベーキングパウダー    ・・・小2
無塩バター         ・・・50g
牛乳            ・・・100cc
オリーブオイル       ・・・大1
▼刻んだディルの葉     ・・・大4
▼紫玉ねぎ         ・・・小1/2個
▼チェダーチーズ      ・・・40g
▼ブラックペッパー     ・・・少々


【作り方】

1 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう。チーズは粗いおろし金で削る。

2 玉ねぎは薄くスライスしてラップをして1分半レンジにかけてやわらかくする。熱を取る。

3 ●をボウルに入れる。バターを加え、細かいパン粉のような状態になるまで手ですり合わせる。

4 チーズはトッピング用に少しだけよけておき、残りの▼を3に加えて混ぜる。

5 真ん中に窪みを作り、牛乳、オリーブオイルを加える。ヘラで全体を切るようにしてまとめる。

6 軽く打ち粉をした台に生地をのせ、手で直径約15cm、厚さ2.5cmの円形 に伸ばす。

7 包丁でざくっと押すように切って生地を8等分する。切り口は包丁の側面で整えるといいです。

8 オーブンを200度で温め始める。

9 スコーンの表面に牛乳(分量外)を軽く塗り、残りのチーズをのせて軽く押してなじませる。

10 暖かい所で15分寝かせてからオーブンで約20分焼く。食べるのはほんのり温かいうちがおいしいです。


【コツ・ポイント】

特に気温の高い夏の時期は15分の寝かし時間は省いた方がいいかもしれません(暑さで生地がダレるかも)。
翌日食べる場合はオーブントースターで軽く温めるか、レンジで10秒位チンするとおいしく食べられます。


Cpicon チェダーとディル、紫玉ねぎのスコーン by KT121


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。