スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さば燻製とディルのコロッケ

いつも使うハーブは、冬場でも暖かで日当たりの良い
キッチン窓辺に鉢植えを置いています。

株が終わりかけになると頃合いを見て種を蒔いて
フレッシュな葉を欠かさないようにしているのだけど、
たまにポッカリ間が空いちゃう事があるんですよね。

先日ディルが少量欲しかったので、地元の地中海食材店で束を買いました。
でもね、量が半端じゃないんですよ・・・。

IMG_8484.jpg


ははは、すごいでしょ(笑)。
しかも、これは既に一部を使った後の写真です!

因みに、これで75ペンス(130円弱)。
大好きなディルだけど、さすがに大量すぎて使い道に困るんですよね。

そこで、せっせとディル料理。

IMG_8518_201403122334475cd.jpg


近所のフィッシュ&チップス屋のフィッシュケーキ(鱈とじゃが芋のコロッケ)には
たっぷりのディルと粗挽きブラックペッパーが入っていておいしいの。

ディルの消費にこちらのアイデアを拝借して
フィッシュケーキ/コロッケを作ってみました。

好みで、所々じゃがいもの形を少し残しています。

「さば燻製とディルのコロッケ」

IMG_8608.jpg


外はサクサク、中はクリーミー。
さばの旨みとスモーキーな風味でおいしいコロッケが出来ました。
じゃがいも食いの家族に大好評でしたよ♪
リクエストで翌日はコロッケサンドにしてお弁当にも入れました。

ディルがかなり入りますが、出来上がりの癖は少ないです。
逆にこれ位入れないとディルの存在感があまりないと思います。

他にも何品かディルを使った料理を作ったので、
また後日ご紹介しますね。


▼ 作り方はこちらからどうぞ ▼


【材料 (大8個 4人分)】

じゃがいも(ホクホクした品種)   ・・・大2個(600g)
さば燻製              ・・・切り身2枚
刻んだディルの葉          ・・・大5
玉ねぎみじん切り          ・・・小1個
卵                 ・・・1個
小麦粉・パン粉           ・・・適量
粗挽きブラックペッパー       ・・・たっぷり
塩(必要なら)           ・・・少々
サラダ油(揚げ用)         ・・・適量


【作り方】

1 玉ねぎはラップをかけて1~2分レンジ加熱する。

2 さば燻製はグリルまたはフライパンで焼いて身をほぐしておく。

3 じゃがいもは皮を剥いて小さく切って茹でる。茹で上がったら水を切って鍋に戻し、マッシャ—で潰す。

4 1と2を加えて木べらでしっかり混ぜる。ディル、こしょうを挽いて必要なら塩を加えてよく混ぜる。

5 8等分して成形して、小麦粉→卵→パン粉の順に付ける。

6 フライパンに2cmの油を入れて中温でカラッと両面を揚げ焼きにする。ペーパーの上で油を切る。

7 味はついていますが、好みでソースなど添えて下さい。個人的には、レモンを絞っただけがお気に入りです。


【コツ・ポイント】

ディルは多すぎる位入れた方がおいしい。少ないと香りも存在感もあまりありません。
塩は加えなくても、さばの塩気でちょうど良かったです。


Cpicon さば燻製とディルのコロッケ by KT121



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。