スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マスタードチーズ☆ベイクドポテト

土曜日に夫の友人が遊びに来て夕食を一緒にしました。

大人も子供も好きなベイクドポテトを作ることに。
食べ応えがあり、お腹も満足な料理です^^

ベイクドポテトというと、じゃがいもを丸ごとオーブンで焼いた物を
パックリ割って色んなトッピングを加えて食べるのですが、
私はくり抜いたじゃがいもにマッシュした芋と具を詰めて焼いた
このベイクドポテトの方が好きだったりします。

粒マスタードとチーズにバターと牛乳を加えたクリーミーかつホクホクなフィリング。
ベーコンのコクも加わり、フィリングだけでもかなりおいしいです(笑)。
詰める所までやっておけば後はオーブンに入れるだけなので、
人が集まる時の料理にも重宝しますよ♪

「マスタードチーズ☆ベイクドポテト」

IMG_3248.jpg


この日11月5日はガイフォークス・ナイトでした。
毎年国内各地で大きな花火のディスプレイがあります。

一日まとまった雨の予報になっていた為、花火を見に出掛けるか迷った末
皆でご飯を食べて家でまったり過ごす事にしたんです。
・・・が、結局雨は全く降らないまま!

我が家は高台にある建物の4階で眺めはいいのです。
近所で上がる小さな花火から、遠くに見える本格的なディスプレイまで
ホクホクのポテトを頬張りながら暖かい部屋の窓越しに楽しみました。

▼ 本日のレシピ 作り方はこちらからどうぞ ▼

■ 材料 (メインとして 4人分) ■

・じゃがいも                          大4個(計1キロ強でした)
・玉ねぎ(みじん)                       小1/2個
・ベーコン(粗みじん)                     3枚
・ピザ用シュレッドチーズ(私はチェダーで)       お椀に大盛り一杯くらい(好みの量)
・●牛乳                             大2~3(*芋の水分量により要調節)
・●粒マスタード                        大2
・●溶かしバター                        大2
・塩、胡椒                           少々
・刻みパセリ                          少々


■ 作り方 ■

① 油なしのフライパンを火にかけてベーコンを炒める。ベーコンの油が出てきたら玉ねぎを加えて炒め、しんなり透き通ったらOK。

② じゃが芋はきれいに洗って皮付き丸ごとを使います。竹串/フォークで皮表面を数箇所刺してラップで包む。

③ 大きさにより約10分軟らかくなるまでレンジ加熱(竹串がすっと刺さればOK)。熱いので注意!

④ ラップを外して、芋を座らせた時に厚みがあるように半分に切る。ぐるりと周囲を残して中部分をスプーンでくりぬく。

⑤ ボウルにくりぬいた芋の中身を入れてフォークなどで潰し、炒めた1と●印、チーズの半分量を入れて混ぜて塩胡椒する。

⑥ じゃがいもの皮に5を詰める。残りのチーズを上に乗せてオーブンへ。200℃で約15分焼く。パセリを散らして熱々をどうぞ。

IMG_3252_20111106060834.jpg

★ベーコン→ツナ(水煮)版。こちらもおいしいです。


■ MEMO ■

ベーキング向けの大きなじゃがいもを使いました。破裂防止に必ず皮を刺して下さい。
くりぬく時には皮の縁を破らないように。塩気のある材料を考慮して塩を加えて下さい(私は塩なしで良かったです)。

Cpicon マスタードチーズ☆ベイクドポテト by KT121


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。