スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オイルサーディンとフェンネルのパスタ

週末はあいにく両日とも 大雨 のお天気でした(苦笑)。

それでもめげずにレインコートとブーツ出動!
濡れ鼠になりながらもフェスティバルに出掛けたり、友人宅を訪ねたりと何かと忙しく・・・
気が付けば数日振りのブログ更新となりました。

昨夜はサッカー好きの夫と2人、TVの前で日本女子の応援に熱くなっていました^^
何としても勝ちたいという思いが現れた素晴らしいパフォーマンスでしたね!
地元TVの解説者も大震災に見舞われても立ち上がり再建を目指す精神力を挙げ、
打たれてもギブアップしない「不屈の日本」という意味の事を何度も言っていました。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

さて、今日のお料理は先日作ったパスタです。

サーディンとフェンネルの球根を使ったシチリアの「Pasta con le Sarde 」
葉っぱが茂ったうちのフェンネルを料理に使いたかったので、
オイルサーディン缶を使って手に入りやすい材料でお手軽バージョンを作りました。

「オイルサーディンとフェンネルのパスタ」

IMG_6394.jpg


サーディンフェンネルレーズン松の実4つの材料がポイントです。
レーズン?と思われるかも知れませんが(私もはじめ思いました)
あの甘みがフェンネルのアニス風味とよく合うんです。
すぐ出来るおいしいパスタです♪

▼ 作り方はこちらからどうぞ ▼

■ 材料 (2人分) ■

・スパゲティ                              200g
・オイルサーディン                          1缶
・アンチョビフィレ(ペーストでも)                  2切れ
・フェンネルの生葉を粗く刻んだもの               軽くひとつかみ分(好みで)
・松の実                                一握り
・レーズン                               一握り
・にんにく(みじん)                          1かけ
・オリーブオイル                           大1強
・塩、ブラックペッパー                       少々


■ 作り方 ■

① 塩を加えたたっぷりのお湯でパスタをゆで始める。

② フライパンにオイルとにんにくを入れて火にかけ香りを出す。香りがしてきたらアンチョビと松の実を入れて木べらで軽く炒める。

③ 油をしっかり切ったサーディンを加え、表面を焼いたら少し身をほぐす。レーズンも入れる。

④ パスタが茹で上がる直前にパスタのゆで汁大5を取って3のフライパンに加え、フェンネルも入れて煮立てる。

⑤ 茹で上がったパスタの水をさっと切って3のフライパンに投入。

⑥ 塩、ブラックペッパーで調味したら全体を混ぜて出来上がり。


■ MEMO ■

パスタの水は切り過ぎないでソースに加える。アンチョビの塩分があるので、味を見て調味して下さい。
フェンネル→ディル代用でもおいしいです。


Cpicon オイルサーディンとフェンネルのパスタ by KT121

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。