スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The Geffrye Museum (ジェフリー・ミュージアム)

今週一週間は、ハーフターム(学期の中休み)で学校はお休み中です。

息子の就寝後は夜遅くまで仕事に専念しているので、
更にまったりペースのブログ更新になっています・・・。

先日、お気に入りのミュージアムへ行って来ました。

DSC01764.jpg


「The Geffrye Museum(ジェフリー・ミュージアム)」

ロンドンの博物館の中ではちょっとマイナーな存在ですが、
個人的にとても好きなミュージアムのひとつです。

ミュージアム内には1600年から現在までの英国ミドルクラス家庭の
インテリアデザインの変化が時代ごとに展示されています。

DSC01770.jpg


1714年に建てられた救貧院がミュージアムとしてオープンしたのは1914年のこと。

現在はGrade I(歴史的保護建築物グレード1級)指定されている
建物の美しさにも魅了されるばかりです。

DSC01805.jpg


各ピリオドルームの様子は、こちらでご覧になれます。

DSC01778.jpg


中でも私が一番好きなのは、このミッドセンチュリーのルーム。

DSC01789.jpg


ソファーを買い換えようと少し前から色々と見て回っているのだけど、
このグリーンのが欲しい(笑)。

DSC01774.jpg


ハーフターム中という事もあって、家族連れも多く訪れていました。

子供向けに用意されたアクティビティの遊びをしたり
ハロウィンのマスクを作ったりして過ごしました。

DSC01819.jpg


敷地内には壁に囲まれたハーブガーデンと年代別のピリオドガーデンがあります。

この日は10月下旬とは思えない暖かいお天気でね!
ぽかぽか嬉しくて暖かい日差しの中ベンチで一休みしたり、
(目を閉じて光合成してたら居眠りしないよう小突かれた。苦笑)
ゆっくり植物を眺めながら散策を楽しみました。

DSC01827.jpg


可愛いヴィオラのディスプレイ。

DSC01838.jpg


ミュージアム入口近くにて、木にしがみつく人発見!

落ち葉を集めて作ったアートは、
地元のアーティストによる「Tree hugger project」の作品だそうです。

知的好奇心が満たされた一日でした。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。