スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャービル

好きなハーブのひとつで年中ほとんど欠かさないのが「チャービル」です。

「仏名:セルフィーユ」としても知られるセリ科の一年草植物。
パセリと同じ仲間ですが、パセリよりもマイルドでさわやかな風味です。

Picture 002


2週間位前だったか、室内でポット蒔きしました。

チャービルは室内だと年間通して種蒔きが可能。貴重で嬉しい存在です。
無事に発芽して今はこんな感じ。本葉が顔を出しました♪
キッチン窓辺の暖かくて日当たりの良い場所に置いています。

種蒔きや挿し木から植物を育てることが好きなんです。
小さな芽から育って、きれいな花を咲かせたりおいしい実を付けたり。
その結果も勿論楽しみだけど、私は育てる過程が更に好きで楽しいみたい。
世話をしながら、小さな芽がすくすく育っていく姿にいつもパワーをもらっています^^

  にほんブログ村 料理ブログへ

~ ブログランキング ~ ポチッとクリック応援お願いします♪


-2 Comments

KT says..."Re: タイトルなし"
cafe0305さん こんにちは

またコメント下さってありがとう。嬉しいです。
鍵コメントは公開出来ないみたいなので、そのままにしておきますね^^

日本の気候だとハーブには高温過ぎたり蒸れやすくなったりするみたいですね。
イギリスは確かに冷夏な所が栽培に向いていると思います。
でも春の訪れが遅いから、春第一弾の種蒔きは室内でないとだめなものも多くて。
(バジルとかシソとか)

植えてある物全部じゃないけど、一年草のハーブは殆ど種からです。
菜園にある大株ローズマリーは挿し木から、
イングリッシュラベンダー3株は種から育てた物です。

アーティチョーク栽培されているんですね~。
私も菜園で数年間、種から育てた2株を植えていました。
でも珍しく暑さが続いたある夏に枯らしてしまって・・・
蘇ってきませんでした(泣)。また育てたいなとは思ってます。

ガーデニングは試行錯誤しながらかなり自己流なもので
あまり当てにならないかもですが(笑)色々お話できたら嬉しいですよ♪
2010.12.07 20:13 | URL | #- [edit]
cafe0305 says...""
こんにちは。
たびたびお邪魔します。

↓わたし、鍵コメにしたつもりはなかったのですが、そうなってしまってたんですね。
大したこと書いてないと思うので(苦笑)、そちらで可能でしたら&よろしければ、公開にしておいてくださいませ。

日本の気候はなかなかハーブに向いているとは言い難く(と思いませんか?)、でもハーブ大大好きなので、あれこれと挑戦しています。
ちょうどわたしも日記にそんなことでも書こうとしていた矢先だったので、思わずコメントです♪
KTさん、ハーブはいつも種からですか?
土の配合もご自身で?
先述したことと重なりますが、気候が違いすぎるのでその通りにいくかどうか難しいところですが、お聞きしたいことが山ほどあります(笑)。
時々お邪魔してはお伺いしたく、可能な範囲でお付き合いいただけると嬉しいです♪
2010.12.07 04:15 | URL | #/obLmWO2 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。